企業様用

類似品との差別化と偽造防止、高品質ブランドを護るセキュマークシステム

ブランド証明として

日本の高品質のブランド品が偽造され、その被害額も莫大なものになっています。 また、金額以上に重要なことは、低品質な偽造品によるブランド価値の低下や訴訟問題です。 セキュマークすることで、メーカーを特定し、真正を証明することにより、ブランドを保護します。

産地証明として

日本産の高品質の農産物、工芸、美術品の産地証明として、今後増加する輸出や、海外のお客様にセキュマークすることで安心して買って頂けます。

識別のために

類似品との差別化、重要書類や、美術館・博物館所蔵の物、個人の大事な所有物、カード、金券、証明書類、公的機関が発行する物など、原物であることを識別し、詐欺や詐取を防止します。

セキュマークの対象物


  • バッグ類


  • 衣類


  • スポーツ用品


  • 医薬品


  • 化粧品


  • 宝飾品


  • モーターバイク


  • 自動車


  • 自転車


  • 骨董品


  • 絵画


  • 証明書類

アプリケーション

  • シール・ラベル
  • 布ラベル(織りネーム)
  • スプレー
  • マーカーペン
  • フィルム・テープ
  • 梱包テープ
  • プラスティック成形品:医薬品用、化粧品容器
  • 結束バンド
  • セキュマーク封筒・セキュマーク便箋・
     セキュマーク印刷用紙
  • インクジェット印刷
  • ディスペンサーキット

受注の流れと納期・最少ロット

  1. 固有のホログラムデザイン、識別コードを作成
  2. 1.の確定後、マイクロドットを1か月程度で納品

*最少ロット:マイクロドット 0.8g 直径0.3mm→280,000ドット 直径0.5mm→115,000ドット
*セキュマークの説明、使用法等についてセミナー形式でご説明します。
*セキュマークを使用したセキュリティ製品の作製につきましては、ご相談ください。

価格

マイクロドット価格 08g 1ロットで計算され、発注量に応じて変動します。
詳細は弊社まで、直接お問い合わせください。
ホログラム作成費 1パターンに付55万円プラス消費税です。
直径0.5mmと0.3mmを同じパターンにする場合は、1パターンとします。

*マイクロドットは輸入品ですので為替の変動が価格に影響を及ぼすこともあります。

ページトップへ

個別識別

  • セキュマークIDセット
  • 世界中央登録サイトーWCR-とは

個別用IDセットとは?

スプレー、マーカーペンとシールのセットで、それぞれ1つのセットに世界に一つだけのIDを作成します。固有のIDで識別、所有権を証明します。IDセットには、世界中央登録サイト(WCR)にアクセスするためのカード、警告シール等が付属しています。WCRに登録することも、ユーザー識別として使用することも可能です。

車輛など大きなものにスプレータイプ
小さなものにマーカーペンタイプ
  シールタイプも同梱

世界に一つだけを証明するID

個人用に

貴重品や、車両、書類、カード、手紙、パソコン、メガネ、携帯電話などあらゆるもの証明に

店舗用に

そのお店が保証する物に

会社用に

会社が発行する書類や、所蔵品に、契約書などの
原本証明に

注意事項

  • 付着させる前に、対象物の油分を取り除き、洗浄、乾燥してください。
  • 材質によっては適さないものもありますので、
     目立たない場所で試してからご使用ください。
  • スプレーやマーカーは接着剤が固まる恐れがありますので、
     使用後は固くふたを閉め、早めに使い切ってください。
  • セキュマークされていることを周知させたいものには、警告ラベルをお貼りください。

販売方法

  • 契約小売店
  • 契約サイトでのネット販売
  • 弊社ホームページ、多摩tech!箱、三光産業

世界中央登録サイトーWCR-とは

セキュマークIDセットには、世界中央登録サイトへアクセスするための登録カードが入っています。
WCR-世界中央登録サイト-に登録することによって、対象物のデータが紛失や盗難被害の際に、
セキュマークシステムでの検索が可能になります。また発見時には真の所有者であることを証明します。
セキュマークIDセットには、スプレータイプ、マーカーペンタイプ、シールタイプがあります。

WCR 登録の手順

  1. 世界中央登録サイトにアクセスし、カード上のカード及びプロフィール、ご自身で作成したパスワードを入力します。
  2. 登録したアドレスにメールが届き、指定のアドレスをクリックすると 登録が完了し、自動的にログインします。
  3. 対象物品を登録します。
  4. 登録カードの識別コードにより、セキュマークコードは すでに認識されています。

*登録にはその商品の固有の番号(PIN,VIN等)を入力し、写真も添付できます。
*登録カードにも最初にセキュマークすることをお勧めします。
*WCRへの登録は、30品目までできます。

紛失や盗難の場合

登録した対象物が盗難された場合は、編集から「盗難」を選びクリックすると、WCR登録者以外のパソコンからも、
検索が可能になり対象物が盗品であることが判明し、元の所有者を特定します。
同時に盗品/紛失メッセージがPDFで作成されますので、警察に届けておきます。
発見時には所有者がセキュマークのIDコードにより、明確になっていますので速やかに返還されます。

紛失や盗難の場合

ページトップへ

海外事例

海外で犯罪防止に活躍するマイクロドット

日本では導入されたばかりのマイクロドットですが、海外では、警察、自治体と共に 盗難防止、偽造防止、識別に活躍しています。

海外で警察との連携の中で犯罪防止に役立つマイクロドット

USA フロリダ州パームベイ警察
Cop Dots Informational video
セントルーシー郡保安官事務所
The St. Lucie County Sheriff's Office partners with Cop Dots
フロリダ州バート市
BARTOW POLICE LAUNCHES NEW PROGRAM COPDOTS
オーストラリア BMWの全新車にマイクロドットマーキング盗難が60%減少、スバルオーストラリアでも全新車に導入後プロの窃盗犯が95%減少した。クリーンズランド州では、警察や自治体からマイクロドットマーキングを推奨している。エッソオーストラリアでは会社の備品にマイクロドットをつけ備品の盗難が88%減少。
アフリカ 南アフリカ警察ではコミュニティとの連携で犯罪防止にマイクロドットを活用
全ての新車にマイクロドット装着を義務付け
車両盗難を防止するマイクロドットの記事
Police and business support Microdot technology
銅の盗難を防止するマイクロドット
Microdots become microthreads in an attempt to counter copper cable theft
ケープタウン市
South African cars now better protected
世界 マイクロドットの最新技術が紹介されています。
Extension of microdot technology

海外でマイクロドットを活用する日本メーカー

こんなことも

生物の生体調査に
マイクロドット
- ミツバチの実験 -
Microdots spot on for wasp study

日本でもこのマークを貼付する事でセキュマークされていることがわかり、盗難防止効果があります。

ページトップへ

セキュマークとは?

  • セキュマークシステム
  • マイクロドットの特製と機能
  • 検知方法

セキュマークシステムが原物を識別、ブランドや財産を保護

わずか直径0.3mmの証明力

直径0.2mm〜0.5mm、厚さ7〜10μmのマイクロドットの表裏にホログラム加工されたロゴやマーク、反対面に、エッチングされた識別コードが、オリジナリティを証明することで識別、偽造を防止し、ブランドを保護します。また、個別用IDセットはWCRに登録することにより、正当な所有者を特定します。

このマークが保障します

対象物にセキュマークすることで、盗難を抑止する効果があります。特に車両の盗難や、保険金詐欺等に効果的です。

紛失や盗難の被害を縮小

この登録カードの識別コードで、WCR-世界中央登録サイト-にアクセスし、対象物を登録することにより、紛失や盗難の被害を縮小し、所有者への返還を容易にします。

世界中央登録サイト=WCR=はこちらから

ランニングコストもかかりません

初期投資はホロクラムデザインの作成費のみ。

マイクロドットの特製と機能

摩擦にも化学変化にも強く、耐熱温度の幅が広い

印刷、噴霧、塗布、プラスティック成形等、ニッケルの特質を活かし様々な方法で装着が可能です。
-40℃から200℃まで
車両のエンジン周りに接着してもOKです。

見えないけど見える?

マイクロドットは微小なため、一見するとただの金属粒にしか見えませんが、顕微鏡(別売)で拡大すると簡単に識別コードを読み取ることができます。

特別な技術も専門設備も不要

スプレーやマーカーペンで簡単に接着したり、
紙への印刷、フィルム内装、シール、ラベル、
プラスティック成形品ですぐに使用できます。

IDセットは世界に一つ

IDセットの識別コードは、世界に一つだけ。
だから、あなただけの所有権が主張できます。

マイクロドット 海外の情報

40倍の顕微鏡あるいは20倍のスマホの顕微鏡で目視できます。
パソコンにつないでモニターで見ると簡単で、データを管理、保存できます。

ページトップへ

会社概要

  • 会社概要
  • 支援企業
  • 展示会とメディア

地球上を安心な場所に I will have the reliable place over the earth.

それがマイクロドットを考案し、作成しているレプタ氏の夢です。

ニッケル製マイクロドットは犯罪を防止する目的でこれまでの樹脂製の弱点を補うものとしてチェコ共和国のヤロスラフ・レプタ氏が考案されました。

セキュマーク・ジャパン株式会社もレプタ氏の意志を継ぎ、日本での犯罪防止という使命を持って設立致されました。
1940年代に、軍事用に開発されたと言われているマイクロドットですが、海外ではすでに警察機関や行政と連携して犯罪防止に活躍しています。ネット上の情報では、マイクロドットは車両の盗難防止に多く使用され、大手の日本車も各社採用されているのがわかります。また、産地証明やブランド保護、
生物の生態調査など様々な方法でも使用されています。

幸いなことに日本ではOECDのデータを見ても、先進国の中では最も盗難犯罪が少ない国の一つで、これまで盗難防止としての用途はさほど必要性を認められていないのが現状です。

しかしながら、偽造・模倣犯罪の被害は特許庁の2013年度のデータで、1社当たり2.4億円、総額1255億円となっています。これはアンケートに答えた企業のみのデータですから実際はかなりの額になると思われます。
偽造は金額もさることながら、ブランドに傷をつけ、価値を下げます。劣悪な製品による訴訟被害も大きな問題です。
また、公的文書や契約書、認定書、証明書、等の文書類などの偽造による詐欺被害も深刻です。

このような問題をマイクロドットという微細な固有の情報をもったニッケルの粒が原物を識別することで解決します。
マイクロドットは30倍に拡大するだけで検知できるという究極のアナログのセキュリティ製品です。
装着方法も対象物によって研究開発され、3年目にして日本クオリティを実現できるレベルになりました。これは偏に高い技術力と新しいものに挑戦する勇気があり、セキュリティ管理のできる優れたパートナーの存在のお蔭です。

「Made in Nippon」の優れた製品の証明や、契約書、認定書などの原本証明などに使用して頂きたいと思いますが、「識別コードの入った極小の美しい輝きを持った粒」ですから、別の観点からの製品作りのアイディアも出ています。
日本の国内で製造販売されるものや、またこれから海外へ発進されていく日本製品が「セキュマーク」されることでブランドの価値を担保し、安心して購入してもらう役割を果たし、文書類の偽造防止で詐欺被害などの発生を抑止し、安全な生活ができるようにと願っています。

「経営者インタビュー」盗難や偽装や詐欺のない世の中に 女優 宮地 真緒 ✕ セキュマーク・ジャパン株式会社 代表取締役 佐野 源美

会社概要

会社名 セキュマーク・ジャパン株式会社
本店所在地 〒181−0004 東京都三鷹市新川3−5−17
連絡先 TEL : 0422-26-5199 FAX : 0422-26-5198
E-mail : smj@secumarkjp.com
設 立 2012/2/14
代表取締役 佐野 源美
資本金 500万円
事業内容 GALOA Limited の日本正規総代理店
識別認証、偽造防止用品の販売およびシステム管理
主要仕入先 The GALOA Limited
(レプタ氏の所有するマイクロドット製造会社)
主要取引先 リオン株式会社
三光産業株式会社
株式会社シーティーアイ
ワイアードペコ株式会社
所属団体 三鷹商工会 工業部会
東京都異業種交流会 たま25会
一般社団法人首都圏産業活性化協会
公益財団法人東京都中小企業振興公社
財団法人埼玉県産業振興公社
武蔵野商工会議所 工業部会・異業種交流プラザ
知的財産発掘・活用推進協議会
農林水産省 フード・アクション・ニッポン(FAN) パートナー
農林水産省 フード・コミュニケーション・プロジェクト(FCP)
日本商標協会

マイクロドット装着技術と開発協力支援企業

マイクロドットを対象物に装着させるためには様々な技術を必要とします。
多くの会社が、パートナーとして力を貸してくださっています。

展示会とメディア

展示会

  • 「セキュリティショー」に出展しました (2013年3月4日〜7日)

    2013年3月4日から7日まで4日間の展示でした。延べ24万人以上の来場者があったとの発表されています。
    開場前に移したセキュマークジャパンのブースは大変な人で、4日間ずっと途切れなく訪問して頂きました。

    展示会2013年3月

  • 「東京都異業種交流合同交流会展示会」に出展しました (2014年2月13日)

    展示会2014年2月

専門誌掲載

  • プラスチックタイムス2014年11月号に掲載されました
  • 印刷雑誌2014年11月号に掲載されました
  • Gicho ビジネスコミュニケーションズ「メカトロニクス」2014年5月号に掲載されました

新聞掲載

  • ラベル新聞 2014年9月1日に掲載されました
  • 日刊工業新聞 2014年8月7日に掲載されました
  • ラベル新聞 2013年12月15日に掲載されました
  • ラベル新聞 2013年10月1日に掲載されました
  • ラベル新聞 2013年4月15日に掲載されました
  • セキュリティ産業新聞 2013年1月25日に掲載されました

ページトップへ

お問い合わせ

セキュマーク・ジャパン株式会社は、チェコのGALOA Limitedの輸入総代理店です。

マイクロドットはメーカー様のご要望によりどのようなデザイン、識別コードも作成可能です。
約1ヶ月でオリジナルのドットを制作。メーカー様使用の場合は、数量により、価格を検討いたします。
お問い合わせお待ちしております。

正規総代理店認定書はこちら

お問い合わせはこちらから

メールアドレスに不備がある場合や、システム障害によりお返事できない場合がございます。
10日以上連絡がない場合は、恐れ入りますが再度ご連絡ください。

国内事例

  • 産地・ブランド証明の採用例
  • 「Made in Japan」をセキュマークが証明

産地・ブランド証明の採用例

「株式会社コンセプト」

秋田県の300年続いた酒蔵のお酒 重右衛門
秋田こまち100% ハチ米

「オリエントメディカル」

九州 八女のきれいな自然から生まれた特産物

「株式会社シーティーアイ」

特許技術を製作されたCTI社の3Dクリスタル全製品に
「セキュマークを戸籍証明として装着」

「ワイアードペコ社」

市販品をウェブセンシングシステム用にカスタマイズ。
その証明用に使用。ワイアードペコ社「みてるくん」

今後多くの海外のお客様が日本を訪れ、また、海外へ日本の高品質の特産物が海外へ進展していきます。
「Made in Japan」の証としてセキュマークし、日本ブランド、地域ブランドをを証明し、安心して購入して頂けます。
また、偽造、模倣を防止できます。

地域活性化を推進するコラボレーション案

ページトップへ